香水が肌のシミの原因だと説明しています。

香水を肌に直接付けるとシミの原因になる?

肌に直接香水をつけてそこに紫外線があたるとシミになるという話がありますが実際それは本当なのでしょうか。

 

そうだとすると夏のスキンケアでは香水をつけるさいに注意する必要がありそうですね。

 

肌には基本的には紫外線から肌を守るバリア機能があるので、紫外線に当たったからといってすぐにシミになるというわけではありません

 

肌バリアの許容量を超えてメラニンがずっと出ることによってしみになってしまうのです。

 

つまりはシミを作らないようにするためには紫外線をさけるのはもちろんですが肌のバリア機能をしっかりと守ることが大事になってきます。

 

しかし香水の中には界面活性剤が入っており、アルコールや香料によって肌のバリア機能が壊れることがあります

 

そうなるとシミができやすくなってしまうので、それが香水を直接付けて紫外線を浴びるとシミになると言われる原因と言えます。

 

つまりは界面活性剤がよくないということがわかると思います。

 

そのため香水に限らず界面活性剤が入っているスキンケア用品には注意が必要だと言うことがわかるのではないでしょうか。

 

まずは下記からシミの詳細をご覧ください。

 

肌のシミの詳細情報について